革新によって支配される包装の供給の市場

包装資材と製品の世界では、創造性と進歩が常にイノベーションの新たな高みをもたらしています。最新のトレンドのいくつかはすでに市場を席巻しており、企業が包装資材と出荷プロセスに取り組む方法を変えています。

ただし、最大のトレンドの1つは、製品に追加できる潜在的な機能のターンアラウンドが早いことです。私たちは皆、顧客のニーズと優れたアイデアがどこからともなく頭に浮かぶ可能性があることを知っています。これは、企業がパッケージとそれが提供できる機能を改善するためにノンストップで取り組む必要があることを意味します。そのような例の1つは、Zip-Pakのグローバルビジネス開発の責任者であるRobert Hoganです。ホーガン氏は最近、一部の企業がテクノロジーコンバーターを現在のマシンに適用し、わずか6週間で新しい機能を追加できると述べました。これにより、製造プロセス全体の混乱が最小限に抑えられ、追加の資本投資はほとんど必要ありません。

これに加えて、パッケージングサプライ市場で非常に人気のあるもう1つの機能は、便利さです。今日の消費者は、購入プロセスのあらゆる段階で利便性を求めています。企業がこれを購入者に提供できると、ブランドと製品の魅力をすばやく簡単に改善できます。そのためには、コストに関係なく、企業やメーカーがパッケージの選択プロセスにもっと投資する必要があります。ジャイアンツヒマワリの種のパッケージには優れた例があり、上部のジッパーロック機能により食品がバッグ内でしっかりと保護されています。これにより、顧客の利便性と使いやすさが向上するだけでなく、製品の保存期間も向上します。

最近のResearch and Marketsのレポートでは、包装業界の最近の変化のもう1つの顕著な要素が生分解性包装であることを発見しました。このタイプの供給はすでに成長を遂げており、より持続可能で高度なパッケージング慣行への一般的な傾向とともに、人気が高まり続けるでしょう。その結果、生分解性のパッケージングが、パッケージング供給市場において不可欠かつ主要なプレーヤーとなるのを見るだけかもしれません。

実際のところ、多くのメーカーは、確立された業界標準を改善することにより、自社製品を競合他社と差別化しようと積極的に取り組んでいます。これらの企業は、環境の安全を保護および促進するための媒体としてパッケージを利用し続けているため、固有の需要と成長の可能性がさらに高まるだけです。これは、消費者の要求を満たすことになると、生分解性で環境にやさしい包装方法が次の上昇傾向であることを意味します。


投稿時間:2020年7月24日